Seminar セミナー

[福岡会場] 10/8 学校事例 品川翔英中高に学ぶ

講座概要
 「VUCA社会」と言われる先行き不透明な社会だからこそ、「学校は変わるべきところ」「変わってはいけないところ」があると言われています。例えば、学習者を中心とする教育づくり、ICT利活用の授業づくり、新しい「学力観」に対応するための教職員の意識づくり、働き方の変化など、いろいろな課題があります。
 もちろん私学は、課題の解決と同時に顧客となる社会や受験生や保護者にPRできなれば、その存在価値はありません。私学が「建学の精神」を尊重しながら、社会の変化に対応し、そしてその取り組みの成果を出し、PRできる存在でありつづけるためには、いろいろなポイントがあることでしょう。
 今回の講座では、コアネット教育総合研究所の川畑浩之より学校改革の事例を参考にしながら、これから必要となる学校づくりのポイントをご紹介します。学校改革の事例としては、2020年4月に小野学園女子中学校高等学校から学校名を変えて「共学化」に成功した、品川翔英中学校・高等学校の柴田哲彦校長をゲストスピーカーにお迎えいたします。
 皆様、ぜひご参加ください。
開催日時
2021年10月08日 16:30~
開催形式
会場開催(福岡会場)
費用
¥11,000(会員校は無料)
会場:
TKP博多駅前シティセンター カンファレンス1
詳細:
セミナー開催時における感染症拡大防止策について
※こちらの講座は会場開催のみとなりますのでご注意ください
※密集を避けるため、会場参加の人数制限をすることがあります
※当日は消毒・換気を徹底し、検温も実施します
講師:
川畑浩之(コアネット教育総合研究所)
定員:
20名
ご案内:
学校事例 品川翔英中高に学ぶ

申し込む

img