Seminar セミナー

[10/27大阪会場] 事務長講座

講座概要
~教育のパラダイム転換に対応する新しい事務長の役割とは~

日本の教育は、まさに転換点にあります。「教師主体から、生徒主体へ」。このようなメッセージをお伝えする機会は多々あります。しかし、それをどうすれば実現できるのでしょうか。
コロナ禍の中でクラブ活動がストップした間、いわゆる「学校の働き方改革」の話題への関心も小さくなった感がありました。その後、教育活動が正常に近づくとともに、「教師に過度に依存する体制のままでの新教育推進には限界がある。教職協働、外部連携などの取り組みを加速し、新教育にふさわしい新たな学校組織・運営体制を構築したい」というご相談が増えています。

この新たな学校組織構築を支える役割こそ、“新しい事務長” に担っていただきたい中核業務です。これまでの経営補佐、事務マネジメント、採用業務等の役割を超え、教職協働による募集広報活動、教育支援体制づくり、人材マネジメントでも力を発揮していただきたいと思います。本講座では、そのための考え方、取り組み方について、事例を交えて解説し、ともに考えます。

【講座内容】※内容は変更になる場合があります

1. 新しい事務長の役割 ポイント解説
 ・パラダイム転換を支える新しい事務長の役割とは
 ・事務職員から学校職員へ  ※職員の職域拡大
 ・採用の変化  
 ・教職員採用  
 ・職員採用
 ・教職員研修の全面リニューアル  研修体系、研修運営体制など
 ・「教職協働」の推進
 ・人事制度、人材マネジメントの革新

2.グループディスカッション・発表・解説
開催日時
2022年10月27日 18:00~
開催形式
会場開催
費用
¥11,000(会員校は無料)
会場:
阪急グランドビル26階貸会議室 7号室
詳細:
セミナー開催時における感染症拡大防止策について
※当日は消毒・換気を徹底し、検温も実施します
※密集を避けるため、参加人数を制限する場合があります
※本講座のオンデマンド配信はございません
講師:
嘉村 謙一郎
(コアネット教育総合研究所 神戸研究室室長)
定員:
30名

申し込む

img