Service サービス内容

主体的学びを科学する研究会のご紹介

私学マネジメント協会では、当協会会員校の先生方が、学校の垣根を越えて、学び合い、議論し合う場として、テーマごとの研究会を設けています。

「主体的学びを科学する研究会」は、「自己調整学習理論」を基軸とした主体的学習者を育成するための学びのあり方を、学術研究者と現場で活躍される先生方とで議論し、構想していくための場として、2020年9月に設立しました。

研究会の全体監修として、日本大学の篠ヶ谷圭太先生(教育心理学)をお迎えし、様々な先行研究のご紹介、共同研究校の実践・効果検証に対するアドバイスをいただいています。また、第1期共同研究校の先生方には、研究会で得られた知見に基づき、自校での実践および効果測定などを行い、2021年12月に開催した研究発表会で、成果を発表していだきました。

第2期(2022年度)活動も、新たな共同研究校の先生方も加わり、始動しています。今後の取り組みや研究成果について、本ページでご紹介していきます。

※本研究会に関するお問合せは、私学マネジメント協会運営事務局までご連絡ください。

主体的学びを科学する研究会メンバー

監  修 篠ヶ谷圭太先生(日本大学教授、教育心理学)
統  括 福本雅俊(コアネット教育総合研究所 横浜研究室室長)
統括サポート 山本愛美(コアネット教育総合研究所 横浜研究室研究員)
共同研究校
50音順、敬称略
佼成学園中学校・高等学校
品川翔英中学校・高等学校
芝中学校・高等学校
常翔学園中学校・高等学校
湘南学園中学校・高等学校
女子聖学院中学校・高等学校
田園調布学園中等部・高等部
東京電機大学中学校・高等学校
同志社中学校・高等学校
東山中学・高等学校
横浜女学院中学校・高等学校

研究会活動報告

当日の様子